オンライン英会話 カランメソッド、DMEメソッド

Class19: IELTSクラス
IELTS class

IELTSとは


International English Language Testing System(IELTS, アイエルツ)とは、英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル(英国文化振興会)、IDP Educationによって協同で運営されている。

IELTSはオーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカ共和国のほとんどの教育機関で受け入れられ、アメリカ合衆国の3000以上の教育機関で受け入れられている。またオーストラリア、ニュージーランド、カナダへの移民の必要条件となっている。 合格に必要な点数が決められているわけではなく、試験結果は0から9のバンドスコアで示される。入学に必要なスコアなどは教育機関によって各々決められている。受験者は受験後も熟練度を維持していることを証明しない限り、各教育機関は2年以上前の試験結果を受諾しないこととされている。

Wikipedia抜粋

IELTSクラスで使用するテキストブック


IELTSクラスではイングリッシュベル独自のオンラインテキストブックを使用するため別途教材費はかかりません。

レッスンの前にテキストブックを予め開いてレッスン開始をお待ちください。先生と一緒にテキストブックを進んでいただきますので、予習については必要がありません。


IELTSクラスのレッスンの進め方


イングリッシュベルでご用意しているIELTS対策レッスンはスピーキング部分の対策に特化しています。IELTSのスピーキングテストは3つのパートに分かれており、それぞれ以下のような内容で成り立っています。

パート1, 自己紹介とインタビュー(4~5分)
・・・試験官の自己紹介の後、受験者が自己紹介をします。インタビューでは家族や仕事、興味などに関する身近なテーマを題材に一般的な質問をします。

パート2, スピーチ(3~4分)
・・・試験官よりタスクカードが渡されます。1分間の準備時間とメモと鉛筆が与えられたあと、タスクカードに書かれていたテーマについて1~2分間話します。試験官はそれについて1、2個の質問をします。

パート3, ディスカッション(4~5分)
・・・パート2で出てきたテーマに関連する質問をします。

レッスンで使用するテキストブックはこのパートに合った3つのテキストブックに分かれており、スピーキング試験対策が受講いただけます。

はじめてのレッスンの際は基本的にPart1の1ページ目から開始し、Part2,3へと上がってゆく仕組みです。もしもご要望がある場合はお好きなパートのみレッスンをご利用いただくことも可能です。ご要望の場合は先生へ直接お申し出ください。

IELTSクラス:オリジナルテキストブック


Part1, IELTSスピーキング対策Part1 

Part2, IELTSスピーキング対策Part2 

Part3, IELTSスピーキング対策Part3 
 
※右クリックして「対象をファイルに保存」を選びデスクトップへ保存してご利用ください。


このページの上へ